体温を上げる方法で体質を改善|美容効果もある

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性を解消しよう

女の人

冷え性を改善するためには、温活する必要があります。温活とは平熱を37度近くに持っていくことを目指すことです。平熱が上がると消費させるエネルギーも増えるため、ダイエット効果にも期待されて人気となっています。

詳しく見る

筋力をアップさせて健康に

女性

血の巡りを良くする

現代人には低体温症の人が増えています。体温が下がると免疫力が下がり、様々な病気にかかりやすくなります。また代謝が下がり、太りやすくなるだけでなく酵素の働きも鈍くなります。低体温は美容と健康に悪影響を及ぼします。体温を適性に保つように日常生活を改善しましょう。低体温には様々な原因が指摘されています。エアコンの完備、冷たい飲み物や食べ物の常飲常食、運動量の低下です。公共の交通機関や自動車、家電製品の普及から現代人は体を動かす機会が減っています。運動量を増やすことで筋肉をつけましょう。血液の循環がよくなります。筋肉は熱を作り出す大切な器官です。筋力アップは体温を上げる方法として効果的です。特に下半身の筋力を鍛えるのは有効です。太ももやふくらはぎ、臀部には太い筋肉が集中しています。そこを鍛えることで熱の生産量が上がり、血流も改善します。下半身がひきしまるので美容にも良いです。筋肉が増えると基礎代謝が上がり、内臓脂肪や皮下脂肪が減ります。体温を上げる方法としてもダイエット方法としても人気が高いです。

日常生活でできる工夫

このように体温を上げる方法として有効な筋力アップ。日常生活では筋肉トレーニングの後に有酸素運動を行うと更に効果が上がります。筋肉トレーニングは特別な器具を必要としない自重を使ったものが便利です。スクワットやつま先立ちは仕事の合間にもできます。通勤時にはエレベーターやエスカレーターを使用せずに階段を使うなど運動量を増やしましょう。また、体温を上げる方法として簡単にできるのが入浴です。一日に一度は体温を上昇させましょう。15分程度の入浴で効果があります。継続することが重要です。シャワーをやめて湯船に浸かりましょう。お風呂に入れて保温性を高める石や入浴剤が販売されています。冷え性の人は活用しましょう。また、入浴後はすぐに靴下と腹巻きで体をガードしましょう。こうすることで体から熱が逃げません。体温を上げる方法は日常生活のちょっとした工夫で実行できます。毎日、続けることが大切です。無理のない範囲で楽しく行いましょう。

オススメリンク

  • 体温を上げる方法まとめ

    体温を上げる方法を実践すると、女性にとって辛い生理痛を解消することができますよ。今すぐ始めてみましょう。

温活の立役者

腰痛

遠赤外線は、部分的な温めに非常に役立つ熱源です。肩こりや腰痛がある方は、遠赤外線を利用した電熱治療器などを利用すると効果があります。遠赤外線は、反射によってより強い熱が生じます。反射板などを用いたストーブは、このようなメカニズムを利用したアイテムです。下着の場合には、保温が主な効果となります。

詳しく見る

肩をほぐす

人形

肩こりを解消するには、こり固まった肩周りの筋肉をほぐしてくれるストレッチをすることが効果的です。また、悪い姿勢や運動不足という肩こりの原因を知って、それを見直すことで、辛い症状を改善することができます。

詳しく見る